ニーブログ Written by Takashi Nii

タグ:転職が付いている記事一覧


0.転職エージェント会社の解説 転職ロードマップ

dodaの運営会社はパーソルキャリア株式会社です。デューダには転職サイトとエージェント(紹介)、スカウトなど様々なサービスがあり、全て無料です。は大手で会員数510万人超のドーダの細かいサポート内容を解説していきます。この記事を読んで、ドダのビジネスモデルや使い方について基礎的な知識を押さえていきましょう。

0.転職エージェント会社の解説 1.準備編 2.求人応募編 3.面接編 4.入社検討編 5.退職編 転職ロードマップ

転職や働き方について悩んでおり、個別相談したい方向けのご案内です。ネット上に情報はたくさん無料公開されていますが、取捨選択が難しかったり、「自分なりの正解」を求めたい方向けのサービスです。ゴールは転職の成功でも、転職するかどうかの判断でもOKです。3100名以上のキャリア相談に乗った経験から、あなたをサポートします。

0.転職エージェント会社の解説 転職ロードマップ

「リクルートエージェント」について、現役の転職エージェントがガチレビューを行なっている記事です。利用するメリットと注意点、登録方法と使い方のコツ、ユーザーの評判などを忖度なしで載せていきます。転職を検討されている方、どのエージェント相談するか悩み中の方はご一読ください。現役エージェントならではの見解も含めて解説します。

0.転職エージェント会社の解説 1.準備編 転職ロードマップ

転職活動はしたいけど、他の業界や職種についてよくわからず、第一歩が踏み出せない方は多いです。そんな時は、まずは無料でできる自己分析ツールを使ってみることをオススメします。この記事では、現役の転職エージェントが『ミイダス』について画像と動画でわかりやすく説明しています。他の自己分析ツールもまとめているので、ご参考下さい!

1.準備編 2.求人応募編 3.面接編 転職ロードマップ

最終学歴が高卒であることが、転職で不利になるのではないかと不安視されていますか?転職における学歴は、一部企業では不利な要素になり得ますが、十分にカバーできる事項です。この記事では、現役転職エージェントの知見を活用して、高卒者が転職活動を成功させるための行動や意識について、具体的に解説しています。ご参考頂ければ幸いです。

コラム

新型コロナウイルスの感染拡大が終息する景気回復がいつ頃なのか、気になっていますか? この記事では、シンクタンクの調査結果と現役転職エージェントの見解を元に、経済の回復見通しと、好景気な転職ができる時期について独自解説しています。この記事を読んで、転職すべき時期についてあなたが見通しを立てられるようご参考ください。

3.面接編 転職ロードマップ

面接日程の調整でお困りですか?この記事では、現役の転職エージェントの知見から、面接日程調整のコツを解説しています。また、日程変更・キャンセル時のテンプレートも用意していますので、ご活用ください。この記事を読んで、面接日程を効率よく進めていきましょう。

コラム

EV(電気自動車)の購入利用、または自動車業界への転職・就職をお考えですか?本記事では、日本でEVが普及していない理由について、世界動向との比較から考察しています。また、転職エージェントの知見から、自動車業界への就職・転職オススメ度合いについて解説しています。EVについての基礎知識を得たい方は、この記事をご覧ください。

1.準備編 コラム 転職ロードマップ

初めての転職をお考えですか?転職の流れ、重要なポイント、その他気をつけておくべきことなど、わからないことだらけかと思います。この記事では、転職の全体像を簡潔にお伝えしています。詳しい解説は別の記事でも紹介していますので、「わからない事が、わからない」という状況の方は、ぜひご覧ください。

1.準備編 転職ロードマップ

転職エージェントの利用方法で、お困りですか?この記事では、転職エージェントのサービス内容から、裏事情、正しい使い方まで網羅的に解説しています。また、あなたにとって良いエージェントの見分け方も解説しています。この記事を読んで、転職エージェントの使い方を心得てください。

5.退職編 転職ロードマップ

退職の流れや注意点についてお困りですか?この記事では、退職願や退職届の違いや書き方、退職面談でブラック企業や上司から逃げるための術について解説しています。転職エージェントが初心者向けに分かりやすくお伝えしますので、仕事を辞めたいと思う方はご参考ください。

1.準備編 転職ロードマップ

未経験からフリーランスエンジニアになるか、または転職して会社勤めのエンジニアになるか、検討していますか。本記事では、そんなあなたにオススメのエンジニア専門エージェント3社を、比較検討にて紹介しています。本記事を読めば、あなたがフリーランスエンジニアに挑戦すべきか否か、判断することができます。