ニーブログ Written by Takashi Nii

転職や働き方について個別相談したい方へ【3100名以上の実績】

0.転職エージェント会社の解説 1.準備編 2.求人応募編 3.面接編 4.入社検討編 5.退職編 転職ロードマップ

こんにちは、仁井貴志です。
この記事は、私がマンツーマンで行うキャリア相談サービスについてご紹介します。

目次

本記事のテーマ

「転職、就活、今の会社での働き方」について、個別で相談したい方のためのご案内です。

どんな方に向けた記事なのか

働き方を変えたいけど、何をどうすれば自分の希望が叶うのかよく分からない。やり方も分からないし、そもそも「理想の条件」についても自分で整理が難しい。でも、気軽にこんな相談ができる相手はいない…。

働き方に悩んでいるけど、ネット上に情報が溢れすぎていて、結局自分にとっての正解がなんなのかよく分からない…。

私の悩みを解決する方法は調べられたけど、実際行動を起こすためには正直誰かに相談してからじゃないと気が引ける…。背中を押してもらいたい気持ちがあるな。

ライフイベントを見据えてキャリア形成をしたいけど、イマイチ情報収集や整理が捗らない。自分の今後の方針を決めるために、壁打ちで話せる専門の相手が欲しい。

転職活動がどうにも上手くいかない。すでに他社サービスは受けているけど、なんか自分の気持ちがうまく伝わっている感覚もなくて、焦る気持ちが強まっている。このままじゃいけない気がするから、セカンドオピニオン的に相談できる場所(人)が欲しい…!

こんな悩みを抱えた方に読んでいただけると嬉しいです。「はたらく」について悩んでいて、誰かに直接相談したい方向けですね。

自己紹介です

仁井 貴志
仁井 貴志

▷ 普段は大手人材企業にて、転職エージェントとして働いています。
▷ 人材業界7年目。3,100名以上のキャリア相談を受けてきました。
▷ 以前はブラック企業で営業課長。月残業250時間で消耗経験もあり。

大学時代は「対人心理学・心理統計学」を専攻していました。例えば「■■に関するデータ」という統計グラフを見た時に、そのデータのサンプルが良いか悪いかが割と分かります。
チョコレートと恋愛体質の相関について調べたり、社会心理学のフィールドワークなどやっていました。

現在、大手人材会社で転職エージェントとして働いています。
人材業界に約7年経験して、累計3,100名以上のキャリア相談を受けております。

会社員としては飽き足らず、個人でも当ブログの運営や音声配信などで、個人の転職サポートを行っています。
最近は会社員だけでなく、大学生や高校生からの相談も増えてきました。ありがとうございます。

つまり、何者なのか

  • 大手人材会社で転職エージェント
  • 個人でもWebプラットフォームで情報発信
  • 心理学や統計学、プログラミング要素が補助的にあり

こんな人物です。

専門の職域

  • 販売、サービス、セールス系
  • マーケティング系(広報、Webマ、販促、PR)
  • データ系(データアナリスト、データサイエンティスト、IT企画)
  • 人事総務系(採用、労務、制度設計、総務、戦略総務)
  • 管理系(営業企画、事業企画、経営企画)
  • コンサル系(業務、IT、人事労務、経営)

業務として主に触れていた顧客の仕事内容になります。
ご相談についてはわかる範囲で対応させていただくので、上記の限りだと思わなくてOKです。

年齢は18〜65歳、男女問わず、地域問わずで相談を受けておりました。

エンジニア、メディカル、金融、不動産

専門チームにいた経験はありません。
ただ、こういったお仕事に未経験で転職支援したことや、逆にこの経験を持った方の支援を行ったことはあります。
他のお仕事にも言えることですが「浅く広くわかる」みたいな感じです。

注意書き:お時間をムダにしないために

私は、情報は基本的にこのブログや音声配信などで無料公開しています。
なので、有料の情報商材として区切って焦らす・・みたいなことはしません。(受け手として、嫌な気持ちになったことがあるため)

本記事は「キャリアのプロと話す」という時間そのものに興味を持った方のために用意しています。無料で情報がほしい方は、ぜひ当ブログの各記事をご覧くださいね。

このまま読み進めていただきたい方

  • 転職活動がうまくいかない
  • 転職に関する情報が溢れすぎていて、自分にとっての正解が分からない
  • ネット上に落ちている情報はぶつ切りなので、自分のストーリーをわかった上で支援してほしい
  • この先の働き方について、一人では気持ちの整理が捗らないので、壁打ちで聞いてほしい
  • 他サービスと話して納得感が低いから、情報を確かめるために第三者とも話したい

こんな方でしたら、コンサルサービスのご利用を検討ください。

最短2分でお申し込み完了

お申し込みページはこちら

【サービス概要】あなたの「はたらく」に関するお悩みに寄り添います

このサービスでできることは、主にこんな感じです。

  1. あなたのお話を伺って
  2. 本当の不満や不安や理想も一緒に考えて
  3. 今後の立ち居振る舞いについて助言させていただく

状況に合わせて私の回答も柔軟に変えます。
「あなたと、あなたが働くこと」に関わる質問なら、根本的な原因が鬱でも家庭問題でも気軽に話してください。

ちなみに、私自身は強度のHSPでADHD気質です。また、適応障害や過労で自●未遂の経験もあります。(メンがヘラってると、人間何するか分かったもんじゃないな!と体験的に知っています)

見知らぬ私だと思いますが、距離を感じず、身近な存在と思っていただければ幸いです。

転職活動中の方

あなたの「今の不都合」が、具体的にどこで起こっているのか一緒に特定しましょう。

  • 書類の内容
  • 希望条件の優先順位
  • 面接の受け答え

どこかしらで、つまづいているのだと思います。

問題が特定できたら、無理のない範囲でどうリカバリーするか一緒に考えましょう。

例えば、面接でうまくいかない理由が「緊張する」だとしたら、緊張しないで済む方法ではなく、緊張しても面接官の採点に影響しづらいテクニックをお伝えします。

ガッチガチの面接対策でもOKですよ。
ありがたいことに、添削や対策は顧客からの評判も高いです。

転職活動を始める方

  • 転職の流れと全体のスケジュール
  • 今後を見越した注意点と、今からできる小さな対策
  • 根本、何に悩まれ、何を望まれているか

こんなお話をすることになるかと思います。

不安は人それぞれです。あなたの状況やお気持ち次第で、時間の使い方は柔軟に変えたいと考えています。

若手もミドルもシニアも転職支援しています。現在も転職現場の最前線にいる身ですので、いずれか情報提供はできるかと思います。

転職活動を始めるか考えている方

  • 今転職して良いのか、現職に残った方が得はあるのか
  • 転職するなら、どんな希望を叶えていきたいか、それは叶うのか
  • 気になっている業界や職種のメリット、デメリット

こんな話をすることが多いですね。
「まずは情報収集」とか「この不安が解消されないと」と転職活動前に考える方もいます。

転職エージェントに登録すると、「転職すること」を前提としてサービス提供されますので、転職意思がない方へのサービスが充実しづらいのが難点です。

私は個人として知っていることを、あなたが知りたい範囲でお届けすることになります。気軽な相談相手として、ご利用いただければ幸いです。

転職転職と言っていますが、学生さんやフリーターの方でも相談OKですよ。
最短2分でお申し込み完了

お申し込みページはこちら

キャリアカウンセリング・コンサルサービスを用意した理由

結論、「都合の良いサービスがなかったから」です。

転職エージェントとして働き、個人でもブログや音声サービスでキャリアに関する発信を行ってきました。
時には生放送で直接疑問に答えており、一人でもキャリアで損する人が減るようにと動いてきました。

でも、やはり転職希望者は絶えません。(7年間で分かったこと)

Youtubeも音声メディアもブログ記事も、ネット上にはサービスが充実しているのに、騙されたり苦しむ人が減る様子がないのです。

転職現場の最前線にいるから余計にそう感じるのかもしれませんが

個人で行うサービスも一長一短

極力、ブログでさまざまなケースに応えようと努力しています。しかし、ブログは一方通行のサービスになりやすいです。

読者の気持ちを想像しながら書きますが、読者の声を聴きながら書く訳ではないので。

一方、音声配信は「自分の悩みを生放送で他の人に聞かれてしまう」ことがネックな人もいると分かりました。

会社員としての限界

転職エージェントという立場上、ぶっちゃけで話せることと話せないことがあります。
私は企業と癒着していませんが、会社としては取引がある相手でしたらあまり悪く言えませんよね。

日本人の給与も上がらない

OECD加盟国の中で、日本人一人当たりの労働生産性は26/37位でした(参考)。
先進7カ国の中では、日本だけ数十年の間、平均賃金が上がりません。

少子高齢化も止まらず、選挙では票が集まるシニア世代を優遇する施策ばかり通っていきます。

子育て中の20〜30代など、カツカツの生計で暮らしているのではないでしょうか。

私たち一人一人が声をあげても、どうにもならない国の事情があります。せめて、働き方くらいは自由にしたいものですよね。

コンサルサービスの意義

情報過多で、将来への不安も募りやすい時代です。
そこで、1on1(マンツーマン)の対話サービスが必要だと思いました。

非効率でも、匿名性が高くて、話すことで安心ができるサービスは現代人に必要かもしれません。

私の物理的なキャパを超えない限り、対応させていただきます。

【再掲】情報は無料で公開しています

「基本は、無料で助かってくれ!」の精神でやっています。
このため、当ブログには、50個の無料記事を公開しています。

全ての記事があなたのケースに当てはまらないかもですが、時間をかければ「確からしい答え」が見えてくるのも事実です。
よって、あくまで無料で情報集めがしたい方は、コンサルサービスは非推奨です。(人材サービス全般に言えますね)

  • 「それはもう試した!結局、いろんな人がいろんなこと言ってて、ワケわからん!」
  • 「記事を見て信頼したから、話を聞いて欲しくなった!」
  • 「単純に、業界のプロと短時間話してみたい!」

こういった方であれば、一度使ってみてください。

キャリア相談サービスの利用料金

気になる利用料金ですが、シンプルにしています。

時間 料金
30分(最小) 1,980円
60分 3,480円
90分 4,980円

できるだけ安価に設定した理由

  • 安くできたから(運営都合)
  • 悩みに値段の差をつけたくないから
  • 信用していただきたいから

運営都合で安くできた

ここは私が運営する「ニーブログ」の記事です。よって、中間マージンを気にせず安くできました。

CtoCマッチングプラットフォーム上で料金設定すると、どうしても手数料を取られます。

no●e、コ●ナラ、メ●カリ、M●NTA、クラウド●ークス、ラ●サーズ、タイ●チケットなど

上記を挟むと、売り上げの10%以上持っていかれたりします。
そうすると、気軽に利用できる料金設定にできないんですよね。(ミニマム1万円みたいな…)

私は他のプラットフォームに集客を頼る気がありません。
モヤモヤされていて、この記事にたどり着いた人が見ればそれで良かったので、安く価格設定できました。

人の悩みに値段の差はない

人にはいろんな悩みがあり、悩みの内容によって回答レベルが上下するのは事実です。

でも、悩みの大小に値段の差をつけるのって、自分の工数都合というか…相談者の足元を見ている感じがしてイヤだったんです。このため、料金は時間制で一律にしました。

同業者には、「書類添削なら●円」「面接対策なら●円」という感じで、サービスの内容で価格差をつけている方も見かけました。
そちらはビジネスとしては優秀だと思いますが、私はこのサービスで利率を気にしないので、たぶん「かなり安い料金設定」になっています。

実際のところ、悩みの内容に値段をつけると、気軽に色々聞いてみたい人は離れると思います。あと、めっちゃ真剣に悩んでいる人はハードルが期待値がグンと上がりますよね。笑

信用されることが報酬

ぶっちゃけ私の収入は時給換算で5,000円以上です。しかし、これは社内外の皆様から信頼されて上がりました。
つまり、利回りが低かったとしても、まずは相談者のあなたに信頼されるように低価格にしたかったという思いがあります。

例えば、「30分で1万円」とかだったら、躊躇ってしまう方もいるはずです。
しかし、コンサルサービスや有名プラットフォームのトッププレイヤーなどは、これ以上の料金設定がザラっぽいです。

殿様商売ってすげえなあって思っています。(小声)
  • 1日悩まずに使っていたら、あの求人の募集が終了しなかったかも
  • 自分で四苦八苦して1ヶ月無駄にしていたから、賃金を考えたら相談すればプラマイプラスだった
  • 人生はこの先も長いので、答えの出ない悩みを抱え続けるより飲み会一回分で相談した方が手っ取り早い

これくらいの感覚で使える料金設定なので、お試しとしていかがでしょう。

返金補償あります

実際に話してみたけど、全然納得いかなかった!全く問題解決しなかった!

もしこうお感じになりましたら、いただいた料金は全額返金します。(手数料のみご負担いただきます)

SNSでは色々露出していますが、私は消費者として「よく知らない相手にお金を払うときは慎重になる」タイプですので、このような補償も設けておきます。

利用継続の無闇な引き伸ばしもナシ

こういったサービスでは、継続課金してもらえることが売上UPのために重要です。(ビジネス観点です)
適当にサービスして「また次回ね!」とやるのが企業の常套手段であります。

ただ、私はできるだけ「無料で助かってくれ!」の精神でやっています。

  • 初めに悩みを聞いて
  • どんなことに応えるのか(今日のゴール)を決めて
  • 時間内に答えきる

この方針で相談に乗っています。

例えば質問が10個あって、30分で答えられないと分かった場合。

  1. 優先順位をつけて、4つ応える時間にする
  2. 延長して7個応える時間にする
  3. 2回に分けて、まずは緊急の事案について考える

こういった選択肢を先にお伝えしていますので、ご安心ください。

キャリア相談サービスの利用イメージ

大まかな流れはこちら。

  1. サービスにお申し込みいただく
  2. 日程調整と面談方法を決める
  3. 日程が決まったら、入金いただく
  4. キャリア相談の実施

お申し込みフォーム

こちらのページからお申し込みください。

最短2分でお申し込み完了

お申し込みページはこちら

面談方法について

基本的にZOOMの使用を考えています。

  • お互いの画面をオンで話す(≒Web面談)
  • お互いの画面をオフで話す(≒通話)

これも選べますので、ご安心ください。

面談日程の決め方

お申し込みフォーム内に、候補日程を3つ入れられます。
ご都合に合わせて選択してください。

入金のタイミング

日程が決まったタイミングで、メールでご案内いたします。
トラブルを避けるため、「面談実施の1営業日前の17時まで」のご入金をお願いしております。

イメージ

7月1日(木)に相談する場合
→6月30日(火)17:00までにご入金

7月5日(月)に相談する場合
→7月2日(金)17:00までにご入金
※非営業日(土日祝)を含まず、1営業日前

ただ、急遽ご相談されたい場合もあるかと思います。
お急ぎの際は、その旨もお申し込みフォーム内にご記載ください。

明後日の面接の対策に付き合ってほしい!!

例えばこういったご要望ですね。
私も常にメールボックスに張り付いているわけではないので、対応が遅れてしまった場合はすみません。

キャリア相談当日について

日程が決まりましたら、ZOOMの入室パスをご登録メール宛にお送りします。
パスを元に、開始時刻になりましたら入室してください。

初めは画面オフにしています。
画面オンで実施か、画面オフ(電話として)実施か、ご希望を伺ってからお話を始めますのでご安心ください。

当日はお話がまとまっていなくてもOKです。
また、相談内容が途中で変わってもOKです。

リラックスして、気軽にお話しくださいね。

日程の変更について

お仕事や気持ちの都合で、「約束した時間にお話ができない…!」となったら、開始時間までにメールでご連絡ください。
スケジュール変更させていただきますね。

相談のキャンセルについて

「やはり相談が不要になった」となりましたら、メールでご連絡ください。
キャンセル時の返金対応については、基本的に前日中とお考えください。例えば、下記のイメージです。

面談日程 7月1日(木)19:00〜20:00
全額返金の期日 6月30日(水)23:55までにメールでご連絡いただく
※面談予定日の前日中まで
半額返金の期日 7月1日(木)0:00〜23:55までにメールでご連絡いただく
※面談日の当日中
返金対象外 7月2日(金)0:00以降のご連絡の場合
※無断キャンセルで面談日を終えた場合
返金時の手数料 いずれもお客様ご負担となります。
ご了承ください。

 

事情はさまざまあるかと思いますが、相談内容がまとまっていなくても、有意義なお時間を過ごしていただけるよう努めます。気軽にご利用くださいね。

補足:オプションサービス

例えば書類の完成度をUPさせたい場合は、事前に送っていただければ添削します。
「こんなことを言いたいんだけど」的なご相談でしたら、その場で文章を作ってZOOMのチャット欄に貼り付けたりできます。

フォーマット的なものが欲しければ、ご状況やスキルを伺った上でファイル送付します。(用意できそうであれば)

つまり、「なるべくご都合に合わせて色々やるので、安心してね!」とお伝えしたいです。

その他、利用前に不明点があれば

TwitterのDMから問い合わせください。

度々お伝えしますが、「テキストの情報」でよければ、ブログに無料で置いています。

  • 「自分のケースに合わせた個別の相談がしたい」
  • 「自分の進路、指針について、アドバイザーの意見が聞きたい」
  • 「相談した誰かの意見に納得できない、解決しないから、第三者の意見が欲しい」
  • 「わざわざ企業サービスを使うのは腰が重いから、気軽に色々聞いてみたい」

こんな方にご利用いただければと思います。

お申し込みフォームはこちらから

最短2分でお申し込み完了

お申し込みページはこちら

押しの強いセールスをするつもりはありませんし、そもそも無料で情報公開しています。つまり、情報商材屋とは違います。

時間をかければ、多分ネットの海から情報は無料で入手できると思います。

その辺りの時間を効率よく買いたいとか、誰かに相談したけど捗らなかったとか、相談できる人がいないといった人のために用意したサービスです。

お申し込み前に人物チェックしたい場合

各種SNSをチラ見していただくのが良いかと思います。
私がユーザーの立場なら確認するかもと思ったので、念の為置いておきますね。

━━━━━━━━━━
・Twitterはこちら
・音声配信(スタエフ)はこちら
・Instagram①はこちら(キャリア)
・Instagram②はこちら(写真日記)
・Instagram③はこちら(サウナ)
・noteはこちら(キャリア相談室、コラム、エッセイ)
・yahoo相談室はこちら
・NewsPicksはこちら
━━━━━━━━━━

このブログを見てくださるだけでも、ありがたいことです。
もし、キャリア相談をいただいたら、誠実にサポートさせていただきますね。

今後ともよろしくお願いいたします。

キャリア 働き方 転職 転職エージェント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Recommended
Recommended
今の会社って、本当に辞めるべ…