ニーブログ Written by Takashi Nii

転職エージェントの使い方〜裏事情まで【現役エージェントが解説】

1.準備編 転職ロードマップ

転職活動にはいくつかのやり方があり、自分の転職をプロにサポートしてもらえるサービスがあります。(=エージェント)
転職で失敗を避けるために、エージェントを使うべきといった意見も多く見ますね。

悩める人
悩める人

・転職エージェントを使うと、どんなサービスが利用できるの?
・転職したいんだけど、利用にお金はかかるの?騙されない?
・ぶっちゃけ、担当エージェントが優秀かどうか見分ける方法はない?

以上の悩みを解決できる記事を作りました。
今回ご紹介する「転職エージェントの使い方のコツ」を読めば、エージェントを上手く活用しながら、スムーズに転職ができますよ!

仁井 貴志
仁井 貴志

▷ 大手人材企業にて、社会人向けにキャリアコンサルを行っています(現役プロエージェント)
▷ 人材業界6年目、延べ3000名以上のキャリア相談を受付。
▷ 以前はブラックベンチャーで営業課長。月残業250時間で消耗経験もあり。

現役プロが、転職エージェントの概要〜実態、使い方まで解説します。
まずは転職エージェントのサービス内容から説明するので、このまま読み進めてみてください!
※エージェントの利用を検討中の方だけでなく、人材紹介の仕事に興味がある人にとっても、有益な内容かもです。
 

転職エージェントのサービス内容【結構幅広い】


まず前提のお話ですが
転職エージェントは、『有料職業紹介』という事業者です。

・仕事をしたい個人(求職者)
・仕事をしてほしい企業(求人者)

双方を繋げる、仲介サービスになります。(街の不動産屋みたいな感じ)

 

『有料』職業紹介なの?

確かに有料ですが、求職者の利用は無料なので、ご安心を。

お金は、あなたの転職先企業がエージェントに支払います。
具体的には、初年度の年収の3割ほどが支払われるイメージ。

 説明補足
稀に、登録料や相談料が発生する転職エージェントがいます。
概ね、年収700万円以上の方向けのサービスです。
大多数の転職エージェントは、利用開始〜転職成功まで、完全無料となります

 

具体的に、何してる人たち?


✔️ 転職エージェントのサービス内容

■登録直後
キャリアカウンセリング(面談)
求人の紹介
履歴書や職務経歴書の添削
求人への応募促進、適宜ご意向の確認

■書類選考突破後
面接の日程調整
面接通過に向けた対策と情報提供
面接後に感想を伺って企業へフォロー&プッシュ
∟落選の場合:お見送り理由を企業から回収して伝達
∟通過の場合:評価理由と次回選考の情報を企業から回収して伝達

■最終面接合格後
入社意思決定に必要な情報の回収
∟採用条件通知書を企業から回収
∟提示条件を見て、必要に応じて諸条件を企業へ追加確認
∟条件+α含めて、納得して入社意思決定できるかあなたと相談

■入社意思の決定後(内定以降)
在職中の方であれば、退職交渉の進め方についてフォロー
入社前面談など必要連絡の手筈を確認

転職エージェント企業ごとに、細かくは異なりますが、大筋は上記となります。

一人の求職者に対して、結構綿密にフォローするサービスです。
正直、これを完全無料で使えるのは、かなり得だと思います。

 説明補足
人材紹介の営業マンには、大きく3タイプいます。

法人営業:企業の採用を支援するための営業(リクルーティングアドバイザー、RAと呼ばれたりします)
個人営業:個人の転職を支援するための営業(キャリアアドバイザー、CAと呼ばれたりします)
両面営業:法人営業と個人営業を、一人でどちらも担当する営業 

 

転職エージェントの裏事情


知っているようで知らない
あるいは全く知る由もなかった

そんな、エージェントの事情を包み隠さずお伝えします。
(大手人材会社の現役転職エージェントですので、私より詳しく話す人間はなかなかいない筈)

✔️ 転職エージェントの裏事情

・あなたの選択肢は、限られているかも
・担当エージェントはクソ忙しくて、頭が回っていないかも
・キャリアが”平均以下”だと、見向きもされないかも

私は「個人が好きなようにキャリアメイクする世界」が来ればいいなと思っているので
ここにポジショントークはありません。事実を正しく知った方がいいですよね?

 

①:あなたの選択肢は、限られているかも

街の不動産屋は、コンビニよりも数が多いと言われています。
それで成り立つ理由は、どの不動産屋も、同じ物件を紹介できるから。
不動産屋がアクセスできる共通のデータベースがあるってことです。

では、転職エージェントはどうか。
結論、エージェントごとに持っている求人が異なります。
どのエージェントも同じ求人を紹介できる訳ではありません。

サービスが手厚い理由

一般に、中小規模のエージェントは、大手に比べてサービスが手厚いと言われます。
あなたのために、誠実な対応をしてくれますよ。
でも、『少ない保有求人の中で、営業する』という制約付きです。(裏事情)

・面接の度に来社を促して企業の説明や対策を行う
・週に何度も電話して悩みを聞く
・求人を応募するまで、割と頻度高く定期連絡が来る

取引している企業数も少なければ、
登録してくれる個人の数も少ない。
普通の会社と同じ営業組織ですから、1件1件にマジで貪欲に営業かけてきます。

 説明補足
・設立から数年程度しか経過していない
・小規模のまま運営している
こういうエージェントは、社長のコネで案件を取っているだけのパタンがあります。
面接合格をサポートするチカラは強いのですが、選択肢はその1社だけしか用意されないことも。 

あなたの選択肢は、エージェントの保有求人で決まる。
あなたの選択肢は、担当エージェントの理解度で決まる。

“担当エージェントは『いい人』だったけど、あなたのキャリアは良くならなかった。”
こうならないよう、気をつけてください。

②:担当エージェントはクソ忙しくて、頭が回っていないかも

あなたが転職エージェントを利用する際、担当エージェントが一人つくことが多いです。
この方は、あなたが困ったときの相談窓口であり、頼れる味方となります。

ただ、この担当エージェントは、こんな状態にあるかもしれません。

  • 数十名〜数百名の顧客を一人で抱えている
  • 毎日9〜22時まで、顧客との接点がビッシリ詰まっていて、1日に何人もの方と話している
  • 昼休憩なんて実質ゼロで、個人客と企業客の対応に追われまくっている
  • 会社からは「売り上げ作れ!なんで入社しない!なんで採用しない!覆してこい!!」と発破かけられている

「忙しすぎて頭が回っていない」
「清らかな気持ちで支援したいのに、そうはいかない状況に陥っている」

こうなっている可能性があります。

彼ら、彼女らに、悪気はないんです。
ただ、人材業界がかなり忙しくて、売上にシビア。
この前提を持ちながら、担当エージェントと会話してください。

③:キャリアが”平均以下”だと、見向きもされないかも

もしかすると、こんなケースに陥った方がいるかもしれません。

・ どこかの転職エージェントに登録した
担当が付くと思っていたが、そういった案内は来なかった
・ 問い合わせても、なんだか良く分からなかった

これ、残念ながら転職エージェントに担当拒否された可能性があります。

転職エージェントは、ボランティアではない。

あくまで、人材紹介を生業とした、営利組織です。
そして、企業目線では単価が最も高い採用手法。

✔️ 1人を採用する上での、コスト比較

ハローワーク経由:1万円
転職サイト経由:5〜20万円
転職エージェント経由:100〜300万円

ざっくり、こういう感じ。

企業がエージェントに期待することは『良い人材を、紹介して』
ついでに言うと『変な人材は、紹介しないで』
大金をかける代わりに、時間削減と人材の質向上を期待します。

よって、あなたが期待して転職エージェントに登録したのに
転職エージェント側があなたのキャリアを見て「求人紹介不可」と判断するケースが存在します。

日本の転職って、まだまだ学歴や社歴、年齢や年収や業務内容で”イヤな間引き”があるんですよね。
この状況に陥ると、ショックですが、めげずに別のエージェントも探しましょう。

 

転職エージェントの正しい使い方


かなり、ぶっちゃけで裏事情をお伝えしました。
利用を控えたいと思った方もいるかもしれませんが
私の主張は『転職エージェントは、絶対使った方がいい』です。

理由は簡単、『無料で使えるから』

転職エージェントは、商売としてあなたに求人をお勧めしてくる。
商売として面接合格までサポートするし、
商売として入社意思決定したくなるよう営業トークする。

ただ、それを踏まえて利用すればいいだけの話。
エージェントに利用されるのでなく
あなたがエージェントを利用してください。

✔️ エージェントを利用するメリット

・自身の本当の転職理由が判明する
・自身の希望か経験に沿って求人紹介が受けられる
・面接に通過するためのテクニックを教えてもらえる
・絶対やっちゃいけないNG言動も教えてもらえる
・裏側で面接通過のプッシュや合格後の条件交渉も行ってくれる
・退職後のフォローもしてもらえるかもしれない

パッと思いつくだけで、こんなに恩恵があります。
本来、有料でも全く問題ないサービスですよ。
タダで使えるんだから、絶対使った方がいい。

 

 正しく利用するための判断基準
・あなたのことを分かってくれる担当エージェントか。
・あなたに相応しい求人が届くか。
・合格後、あなたが納得する条件提示になるか。 

 

担当者がイケてるエージェントか見分ける方法


既にあなたの担当となっているエージェント、
未来、あなたの担当となるエージェントについて
『ここを基準に見定めると、外さない』というポイントをお伝えします。

✔️ 担当エージェントの見極めポイント

・あなたの将来ビジョンまで聞いてきた?(あなたが35歳までの場合)
・求人のデメリットも伝えてくれた?
・あなたの発言に、「なぜそう思った?いつからそう思った?」という追加質問があった?
・あなたの考えを、否定しなかった?
・面談時、あなたよりもエージェントが話す時間の方が短かった?(あなたの方が長ければOK)
・エージェントと話し終えた後、分かりづらい点は残ってなかった?

エージェントにも性格があり、一概に「これじゃなきゃダメ」という話でもありません。
ただ、上記を押さえているエージェントは、確実に優秀です。
優秀とは『利益だけでなく、あなたのキャリアを考えてくれる』という意味です。

あなたの直感で、上記に該当するエージェントと巡り合えたら、絶対その人は離さない方がいい。
エージェントも人間なので、好意を示せば、より頑張って働きます。

 エージェントの”担当変更”
会社にもよりますが、エージェントの担当変更ができます。
HPから申請可能なケースが多いため、波長が合わないなと思ったら、担当変更もアリです。
※エージェントは、担当変更=クレーム認識でいるので、「なぜ、担当変更されたいのか?」と確認されることもあります。 

 

おわりに


今回は、転職エージェントの概要〜実態、使い方まで解説しました。
ショッキングな内容も、期待できる内容も、包み隠さず記載したつもりです。

私は、エージェントが自分の業績に責任を持つことは、素晴らしいことだと考えています。
ただ、転職エージェントは、人の人生に関与する仕事です。
”あなたの転職成功”にも、責任を持つエージェントが増えるといいなと願っています。

繰り返しになりますが、あなたはエージェントを利用する側です。
あなたの感じたことが正解で、もし利用中に不快な思いをされたら、それはエージェント側にも責任があります。担当エージェントに物申すのが怖ければ、HPからそっと担当変更を依頼しましょう。

ただ「私は客だぞ!」と踏ん反り返ってしまうのはNG。
ビジネスである前に、個々人の結びつきが弱まります。
あなたも、「このエージェントが気持ちよく私のために動くには?」という視点で、対応してみてください。

ちなみに私は、MAX1000名くらいを同時に担当しています。
「1/1000位の対応優先順位になる」と考えたら、さすがに恩恵が大きいと思いませんか?
※認知度や親密度で、優先順位を付けてはいけないんですけどね!人間だから許してください!笑

あなたの転職活動が成功しましょう、陰ながら応援しております。

 

転職 転職エージェント 転職活動

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Recommended
Recommended
転職先が決定した後は、退職交…